Description

この利益の75パーセントが、”ザ ロックハウス ファンデーション” に寄付され、ジャマイカの学校の改装費に使われます。また、寄付金は、先生や生徒が必要な学校用品にも当てられます。我々irie876.com は、教育はジャマイカがより良くなるための重要なことの一つであり、これは、ジャマイカを発展させていく上で、私達の役割を果たすための取り組みの一つであると考えております。

75% of the proceeds goes to “The Rockhouse Foundation” to help build and refurbish schools in Jamaica. The founds will also go towards school supplies and materials for teachers and students. We at irie876.com believe that education is the key to a brighter Jamaica and this is one of our endevours to help play our role in building Jamaica.

 

キャラクター: iRIE iDRIN.

大きさ:50 mm*50mm.

材料:黒ニッケル,金属,ソフトエナメル.

“Big UP”とは、あなたが誰かに対して敬意を表す時に表現として用いる言葉です。
支援または、励ましを表し、追悼の意も表します。
この言葉は、1980年代に、“サウンドマン”によって、彼らの知り合いや関係者(他のサウンドマン、友達、自分と関わりのある者、音楽業界の人々)に対して、尊敬を表すために、使われた言葉です。
*SCENARIO 1:  “サウンドマン”が音楽を流していると、彼の友達や音楽家”Blak Diamond”が、パーティに入ってきました。
このような状況で“サウンドマン”は、彼のいることに敬意を示すために”Big up Black Diamon”と言います。
SCENARIO 2: Jackは、Bobと電話で話をしてます。電話の相手Bobの隣にLisaがいます。ジャックは、Bobに、 “say hi to Lisa”と言うのと同じ使い方で”big up Lisa” と言います。
SCENARIO 3: 例:あなたは、ラインスタンプを友達のSaraからプレゼントとしてもらったとき。。あなたは、facebookのステータスで、”このラインスタンプをくれたSaraにBig up”(以下のステータスと絵を一緒に)と書いたりします。
SCENARIO 4:(簡易的な形式) あなたは、友達に会った時に、相手に敬意を表わすとして”big up”と言います。

rock house 1

rockhouse-title-1170x658

Screen Shot 2017-07-13 at 9.02.00 PM